新人看護師にもいろいろいます

看護師になって感じた事というのはいろいろあると思います。学校での勉強や学生時代の実習では得られないことも働くうちにいろいろと得るものもあります。
そして良い事も悪い事もたくさんあります。
勤務する病院が比較的大き目の病院となると、患者さんの数も多く、当然の事ながら勤める看護師の数も多いのですが、人が多いと色々な看護師がいます。どんな社会グループでもそうなのですが、多くの人が集まるといろんなタイプの人間が集まるということです。
テキパキ仕事を出来る人やそうでもない人など様々います。
その中には、いわゆる「問題児」と多くの看護師が認識するような新人の看護師もいます。
下記のような話を知り合いの看護師から聞いたことがあるのです。

私の病棟にも数名の新人看護師が配属されて来たのですが、その中に一人の問題児がいます。
仕事が遅いや覚えが悪いだけだと許せる部分はありますが、本人には自覚も無く、何度注意をしても改善される見込みがありません。
人の命に関わる仕事なので、ちょっとしたミスが致命傷になる可能性もあるのでしっかりと自覚をさせないとダメなのですが、本人は変に自信を持っており私たちは手を焼いています。
今の病棟には人が足りていないので、移動させる事も出来ません。
看護師の資格を取れた事が不思議で仕方が無い。。。

という新人看護師のようです。
いわく、「もう少し看護師の資格の難易度などを高く設定して、更には研修制度をもっと充実させて欲しい」と言っていました。

コメントを残す